富士山登山ツアーについて

近年、老若男女問わず登山はとても人気なアクティビティになっています。

中でも、世界遺産にも登録された富士山に一度は登りたい、と考えている方も多いのではないでしょうか。
そんな方にお勧めなのは、バスツアーです。

富士登山ツアーは、様々な地域から発着しており、ガイドもつくので安心です。

とはいえ、夏でも氷点下の山頂付近、3000メートルを超える高地である富士山への登山には、知識と準備が必要です。
富士登山ツアーに参加するにあたり、必要な知識や準備しておくべきものをまとめました。
まず服装ですが、山頂に近づけば近づくほど、直射日光が強く、寒暖の差が激しいので、ひさしのある帽子や長袖シャツ、冬物のセーターなど重ね着ができる服装が必須です。

岩や砂で足元が不安定なので、登山用の靴、出来れば歩きなれたものを履いていく方がよいでしょう。
また、突然雨が降ることも多々あります。
風が強いと下から吹き上げるように雨が降ることもあるので、上下別のセパレート型のカッパを用意しておくとよいでしょう。

そして服装とは別ですが、ご来光を眺めるために夜間登山をする場合には、ヘッドライトを必ず携帯しましょう。
通常のライトでは片手がふさがってしまうため、岩場の登山には向きません。

次に富士登山のルールです。

富士山は世界遺産であるということはもちろんのこと、それ以前に地域の大切な財産です。
よってそこに存在する動植物などは傷つけたり採取したりしてはなりません。

また、ゴミは持ち帰ること、トイレはきちんと使用料を払うことも、当然のマナーです。こうしたルールを守り、装備をきちんとしていけば、豊かな自然に触れてとてもリフレッシュできます。また、参加者同士の出会いもツアーの魅力の1つです。富士登山ツアーにぜひ参加し、自然の雄大さに触れてみてください。現在はかつてないほどの登山ブームが起こっています。

それに伴い登山ツアーも多く企画、催行されていますが、事故も発生するようになっています。特に2000年以降には国内外で死亡者の出る大量遭難事故が複数件起きており、ツアーの安全性が取りざたされてもいます。


事故の原因としては、急な天候の変化などやむを得ないものがあることは事実です。元々ただの観光旅行と異なり、自然を相手にするものだけに予測不可能なリスクが大きいことも仕方ありません。

問題は、登山ツアーの主催会社側、参加者側双方にその意識がどれほどあったかということです。


ある事故のケースでは、主催会社側が現地で契約しているガイドの情報のみに頼って現場の情報をよく把握しておらず、行動の決定などもガイドや添乗員に任せきりであったという点が問題になりました。もちろんこれは主催会社の責任でもありますが、最終的にその会社のツアーを選んだ参加者の責任でもあります。安全な登山ツアーを選ぶためには、参加者側の積極的な関与も要求されてくるのです。
最も重要なのは、パンフレットなどの書面で情報を得てそのまま書面で申し込むだけにとどまらず、疑問点や不安点の相談などで、その会社と良い関係を結んでおくことです。


そもそも自分は本当にそのツアーに参加できるスキルがあるのか、悪天候時などの行動基準について、ガイドごとにまちまちではなく、会社としての具体的な判断基準を持っているか、緊急時のバックアップ体制はどうなっているか、いざというときの保険の請求方法など、確認すべきことはたくさんあります。

それらの一つ一つに真摯に対応してもらうことができ、かつ納得のいく説明を受けることができれば、その会社は信頼に足ると判断してもよいでしょう。

すごく便利な大阪のナイターゴルフの情報もあります。

男性のヨガについての情報をまとめたサイトです。

様々な種類の町田のダンススクールのサービスを安定して提供できるよう取り組んでまいります。

ゴルフのショートコースをわかりやすく説明しています。

サボンスクラブが評判になっています。

http://suumopc.allabout.co.jp/allab_journal_item_48245.html

http://news.yahoo.co.jp/pickup/6131546

http://girlschannel.net/topics/57066/6/

関連リンク

登山ツアーの日程について


登山ツアーの多くは1泊2日かになっている事が多く在ります。1泊と言うのは山小屋での宿泊が多く在るのが特徴です。...

初心者におすすめの、登山教室系登山ツアー


登山には様々なスタイルがあります。職場や学校の山岳部、または有志の集う山岳会のような、日頃から訓練を積んでいる仲間同士で山に向かうというものもあれば、登山を趣味とする友人同士の集まりで登る場合、そして単独行などがあります。...